本文へスキップ

愛知県で不動産投資の勉強をしたい方必見

[勧誘はご遠慮下さい]info@ishikawa-estate.co.jp

〒460-0003 名古屋市中区錦2-17-30 河越ビル402

株式会社石川エステート 代表取締役社長 ごあいさつ

代表取締役社長 石川 真也 (いしかわ しんや)

石川真也

     

皆様へ

 人口が減少していく今後を考えると、不動産経営も今まで通りには行きません。
 私は二代目大家として何もわからない不安しかないところからスタートしました。
 不動産という資産活用は次世代へとつなげなくてはいけない、長い期間に渡るもの。
 精一杯やっていく中で気づいたことがあります。

不動産経営に重要なのは・・・
  1. 企画力
  2. 広い視野
  3. 正しい協力者
です。

 差別化が必要と誰もが声を揃えますが、入居者様のことをとことん考え素敵な住まいを提供することが真の差別化につながります。
 しかし暮らし方は十人十色。誰にでも当てはまる素敵な住まいは存在しません。
 だからこそ、明確なマーケティングをもとに将来に渡って価値ある賃貸住宅を企画しなくてはいけません。

 不動産活用は収益を最大化する賃貸住宅を建てることだけが正解ではありません。
 税務面や人生設計、どのように資産を配分していくかで正解は変わってきます。
 何も活用しない、売却してかたちを変える、という選択を考えるべき時もあるでしょう。
 何十年先も見据えた広い視野が必要です。

 私が幸いだったのは、素晴らしい協力者に恵まれたことです。
 自分ひとりの知識や判断では何もできません。
 税理士、弁護士、司法書士、銀行、仲介業、建設業、インテリア業、コンサル業と様々な分野の方々に協力していただきました。
 それぞれの専門家からアドバイスを受けるのはとても重要ですが、残念ながら時に誤ったアドバイスを実行してしまう方をお見受けします。
 悪意がないとしても、それぞれの専門家は自分の得意分野に限ったアドバイスをしてしまいます。
 それは時にオーナーの不利益となってしまいます。
 正しいアドバイスをしてくれる協力者を見極めることが必要です。

 不動産経営は何十年もの長きに渡るからこそ、正解かどうかの判断が難しく、気づくと問題が深刻になってしまう場合もあります。
 私自身や私が信頼している専門家の経験が、ご相談くださった不動産オーナー様にとって資産を更に輝かせて次世代へと残すお力になれると信じています。

経 歴

  • 昭和55年 神奈川県横浜市生まれ(既婚)
  • 東海高校 卒業
  • 名古屋大学 情報文化学部 卒業
  • 名古屋大学 大学院 情報科学研究科修了(博士前期課程修了)
  • 名古屋芸術大学 非常勤講師 メディア論(2006-2010年)
  • 株式会社 石川商事 取締役就任
  • 株式会社 石川エステート 代表取締役就任
  • 辻・本郷税理士法人(2016-2020年 )
  • 一般社団法人不動産相続協会 代表理事就任

SNS

資 格

  • 修士号(情報学)
  • 宅地建物取引主任士
  • ファイナンシャルプランニング技能士

趣 味

  • お洒落なカフェ巡り
  • 妻と娘との御朱印巡り・城巡り・旅行
  • 勉強・読書

専門分野

  • 収益不動産の企画
  • マーケティング
  • ファイナンス

受 賞

愛知県では、良好なまちなみ景観の形成や、潤いのあるまちづくりに寄与するなど、良好な地域環境の形成に貢献していると認められる建築物を「愛知まちなみ建築賞」として表彰しています。過去2回に渡りその賞を受賞致しました。

愛知まちなみ建築賞    愛知まちなみ建築賞

所属団体

  • NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)
  • 公益社団法人全日本不動産保証協会
  • 地域活性学会
  • 日本哲学会
  • 中部哲学会
  • 社会情報学会

ひとこと

不動産賃貸業の実践家として、情報学のプロとして、 大手税理士法人時代に培った不動産・税金・相続の知識と 科学的・論理的思考、実体験の組み合わせが武器。

不動産投資を始めたい、不動産賃貸業をやっているという人が 自分たちの戦略を練り上げるきっかけを提供します。